三本松高校野球部

三本松高校野球部の歴史

香川県立三本松高等学校は、明治33年(1900年)創立。

野球部の創設については諸説あるが、三本松高校では、県大会に初出場した明治43年を創部としている。

これまで4回(春1回、夏3回)の甲子園出場で、平成29年の夏の選手権大会においては、ベスト8に進出した。

三本松高校野球部メモリー

春夏通じて甲子園初出場

第66回全国高等学校野球選手権大会

創部から85年で掴んだ初の甲子園への切符。初戦は全国屈指の強豪、東海大甲府でした。残念ながら2-9で完敗しましたが、歴史的な一歩となりました。

※画像をクリックすると拡大します

甲子園で初めての行進

甲子園で初めての行進

2年生 植木、レフト前へ三本松初ヒット

2年生 植木、レフト前へ三本松初ヒット

2年生ながらクリンナップを打つ黒田

2年生ながらクリンナップを打つ黒田

守備の要 キャッチャー鈴木

守備の要 キャッチャー鈴木

5回 六車、反撃ののろしを上げるタイムリーヒット

5回 六車、反撃ののろしを上げるタイムリーヒット

6回 主砲 金山、二塁打でチャンスメイク

6回 主砲 金山、二塁打でチャンスメイク

ピンチでもマウンドに集まり励まし合う選手たち

ピンチでもマウンドに集まり励まし合う選手たち

リリーフ鍋井 岸本の降板後、必死の粘投

リリーフ鍋井、岸本の降板後、必死の粘投

9回代打 水田、痛烈な当たりもセカンドゴロ

9回代打 水田、痛烈な当たりもセカンドゴロ

最終回、最後の粘り、武山センター前ヒット

最終回、最後の粘り、武山センター前ヒット

初の甲子園は東海大甲府に2-9で敗れました

初の甲子園は東海大甲府に2-9で敗れました

初めて甲子園で指揮をとる我が校が誇る名将、鎌田監督

甲子園で指揮をとる我が校が誇る名将、鎌田監督

初めての甲子園に興奮する選手たち

初めての甲子園に興奮する選手たち

歴代チームギャラリー

※画像をクリックすると拡大します

2020年

2020年のチーム

2019年

2019年のチーム

2018年

2018年のチーム